設定

閉じる
  • 単純移動平均は指定した期間の終値をその期間で割ることにより、期間中の終値ベースの単純平均値を算出したものです。

  • 指数平滑移動平均は最近のデータをより重視する点が単純移動平均とは異なります。

  • 加重移動平均は過去の各々の期間について、株価が加重され、最新のデータがそれ以前のものに比べ重視されます。

  • エンベロープは移動平均線の上下に一定の割合でバンドを設け、それぞれを反転の目安にします。

  • ボリンジャーバンドはJohn Bollingerが開発したテクニカル指標です。移動平均線を中心に上下に線を引き、今後の値幅を予測します。

  • プライスチャネルとはあらかじめ設定された乖離限度の価格帯のことを指し、これをを超えて値が動くことにより、買いや売りの目安を発見するというものです。

  • SAR(Stop And Reverse Point)というラインを用いてトレンドの反転を示します。

  • 価格帯別出来高とは、過去に売買が成立した株数を価格帯ごとで示したものです。株価チャートの左側に出来高が横棒で表示されています。

閉じる
  • MAは移動平均線(Moving Average)、Cは収束(Convergence)、Dは分岐(Divergence)、ということでMACDと呼ばれています。MACDの見方はMACDがシグナルを上に抜けた地点が買いのサインとされています。という事でMACDと呼ばれています。MACDの見方はMACDがシグナルを上に抜けた地点が買いのサインとされています。

  • ストキャスティクスとは直近の価格が、ある期間の最高値と最安値のレンジの中でどの位置にあるのかを示します。

  • ストキャスティクスとは直近の価格が、ある期間の最高値と最安値のレンジの中でどの位置にあるのかを示します。

  • RSI(相対力指数)は過去の値幅に対する上昇幅の割合をグラフ化することによってその株が売られ過ぎ/買われ過ぎかを判断するものです。

  • モメンタムは株価の上昇/下落の勢いを示します。

  • DMI(方向性指数)は、株価のトレンドを判断する狙いで作られました。特徴は、当日の高安が前日の高安に比べてどちらが大きいかということをもとに株価の強弱を判定するところにあります。

  • チャイキン・ボラティリティは、所定の期間における高値と安値の移動平均の変化率を利用して株価のボラティリティを表します。

  • %R(William’s%R)とは、ストキャスティクス・オシレーターと同様、一定期間の価格変動幅の中で直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを測定し、その株が売られ過ぎか買われ過ぎかを判断するための指標です。

  • マス・インデックスはトレンドの反転を判断するための指標です。

  • アルティメイト・オシレータは、一般に使われているオシレーターが必ずしも最適のタイミングで売買シグナルを示さない点を改善したものです。

閉じる
主要インデックス
その他
閉じる
チャート形態
目盛り
 JPY/GBP
選択期間の始値
 
高値
 
安値
 
終値